商品案内

若狭の魚

若狭小浜は、今でこそオバマ大統領を勝手に応援する会とかで有名になりましたが古くは奈良時代より、皇室、朝廷に海産物を貢ぐ御食国として認められてきました。
これは若狭湾が、寒流と暖流がぶつかり合うことにより、またリアス式海岸ということもあって、多種多様な魚がとれ、しかも品質が良くておいしいからです。
とくに若狭ぐじや若狭かれい、越前かになど全国的にも有名な、いわゆるブランド魚がそろう産地は他にはないと思います。
また、京は遠ても十八里という言葉があって、昔から獲れたての魚を背負ってかつぎと呼ばれる若狭人が、京都へ向かいました。いつしかその道は、若狭街道と呼ばれるようになり、道路が整備された現代でもセリ落とされたはをトラックに積まれ京都へ運ばれています。
大沢五右衛門も、かつぎとして京都で数多くの取引先様にご贔屓いただいています。
目利きの厳しい京都の料理人に鍛えられて、魚のことをより深くとらえられるようになれたのだと思います。

 

若狭の魚屋

大沢五右衛門は、若狭の魚屋としての誇りと喜びをもって、あるときは謙虚に、あるときは大胆に、若狭の魚をアピールしています。
若狭の魚はマスコミにもよく取り上げられますが少なくても取材の半分以上には、大沢五右衛門社長が出ていますので見たことあるーていう方も結構おられたりして・・・今度若狭のことをテレビでやってたら、チェックしてくださいね。
また魚にはそれぞれいろんな食べ方がありますが、それに応じた加工方法もさまざまです。大沢五右衛門は、チャレンジ精神旺盛につき、いろんな加工を手がけています。全国的にもトップクラス(ひょっとしてトップ?)かも。
もちろんうまくできなかったものは数知れません。それでもつくり続けるのは、よりおいしく!よりお値打ちに!との思いからです。うちらがそうしていかないと、若狭の水産業界は衰退していくと大沢五右衛門は考えています。

 

小鯛のささ漬

知らない人はいないくらい有名な若狭の名産品は大沢五右衛門の看板商品です。
新鮮な小鯛を使うのはもちろんですが、一番のこだわりは何と言ってもふり塩製法にあります。
くわしいことを言えばかなり深くなりますので簡単に言うと尺塩といって、身の30cmほど上から塩加減が均等になるように天然塩をふるのです。
こうすることによって、余分な水分や生臭みがとれ、旨味が凝縮され、おいしく仕上がります。
大沢五右衛門では、熟練の職人以外この作業はさせません。
吟味した小鯛、天然塩、地元の米と水で造った酢と昆布がうまく調和してはじめて ”おいしい”となるんです。
すべて手つくりの、ほんと手間をかけた逸品で、まさにお値打ち品です。

 

鯖の醤油干し

おいしい魚の宝庫、若狭小浜で一番地元の人が買っておられるのがなんといってもさば醤油干しです。
地元のどのスーパーへ行っても、干物売場の最下段にどーんと並んでいてよそから来た人はちょっとびっくりかも。
これも大沢五右衛門の看板商品です。
何度も何度も醤油屋さんと試行錯誤の末作り上げたこだわりの醤油で漬込んでから干し上げていますから、おいしいだけでなく、じつに芳ばしい。
さばのほかにも、あじ、かれい、いわし、はたはたなどの醤油干しもあり、汐干しやみりん干しも入れると、15種類のひものをラインアップしています。
こんなに多いのが大沢五右衛門なんです。

 

鯖へしこ

若狭を代表する伝統食。今ではちょっとしたブームになってます。
塩漬したさばを米ぬかをベースにした調味液に漬込んで、半年から1年寝かせますが、その間、梅雨を経て夏の暑い土用の時期を越えると熟成がすすんで、独特の旨味を醸し出すようになるんですから、本当に奥が深いなあと、いつも感心しながら造っています。
好きな人はへしこを焼いているところを想像しただけで、よだれがでます。
もちろん大沢五右衛門もその一人です。

 

さば寿司

若狭小浜といえば、はっきりいって ”さば文化”の町です。
それくらい小浜の人はさばをよく食べるし、いろんな食べ方も盛んです。
大沢五右衛門は脂の乗ったサバを、特製の木枠を使って押し寿司にしています。そしてなんと木枠ごと商品になってますから、じつに豪華です!
シャリは地元産こしひかり、酢も地元とば屋酢店さんの米酢を使っており、若狭ならではの製品に仕上げています。

 

五右衛門

海鮮丼と刺身定食の店 ”五右衛門”は新鮮・ボリューム・安さが売りです!
いろんなマスコミや芸能人の方もお見えになったおかげで、結構有名にならせていただきました。本当にありがたいです。
小さい店なので、混雑してお待たせすることもあるのに、並んで待ってくださるお客様のことを思うと、いっそうがんばってよろこんでいただこうという気持ちになります。
百聞は一見にしかず、まだの人はぜひ一度ご賞味ください。

 

コメントは受け付けていません。